建設工事の保険|建設工事保険.com
建設工事業のみなさまの上乗せ労災保険の説明や商品について

建設工事の保険

建設工事保険

建設工事保険の特色

1.通常の建築工事(ビル・工場・住宅・マンション等)や増改築・改築工事は全て対象です。
2.工事中の火災をはじめ、不測かつ突発的な事故をワイドに補償します。
3.損害保険金に加え、費用保険金もお支払します。
4.工事当事者間双方(発注者、受注者)の事故の円満解決に役立ちます。
5.保険料は全額損金計上できます。

対象となる工事

通常の建築工事(ビル・工場・住宅・マンション等)や増改築・改築工事(修繕・改装も含)賀対象となります。完成後の構造は問いません。
(注)次のような工事は建設工事保険ではお引き受けできません。
●解体、撤去、分解または取片づけ工事
●土木工事を主体とする工事
●鋼構造物を主体とする工事
●本体工事と分離発注される基礎工事および付帯工事(ただし、本体工事と一括付保の場合は対象となります)

契約の対象(保険の目的)

  1. 工事の目的物
  2. 仮工事の目的物 (支保工、型枠工、支持枠工、足場工、土留工、防護工、工事用道路等)
  3. 工事用仮設物 (電気配線、配管、電話・伝令設備、照明設備および保安設備に限ります)
  4. 工事用仮設建物 (ただし現場事務所、宿舎、倉庫等で、恒久的な建物は除きます)
  5. 工事用仮設建物に収容されている什器・備品 (事務用具および非常用具に限ります)
  6. 工事用材料および工事用仮設材

※次に揚げるものは、保険の対象には含まれません。
・据付機械設備等の工事用仮設備および工事用機械器具ならびにこれらの部品
・航空機、船舶または水上運搬用具、機関車、自動車その他の車両
・設計図書、証書、帳簿、通貨、有価証券その他これらに類する物
・従業員の私物
・工事現場とは、工事の目的物が建築される場所をいい、保険証券に明記します。また、工事用仮設建物または資材置場等が、工事現場から離れて設置される場 合は、当該場所を保険証券に明記して工事現場に含めることができます

保険期間

始期・・・対象工事の開始のとき (基礎工事を保険の対象に含めないで契約するときは、基礎工事完了のときとなります。)

終期・・・工事の目的物の引渡し予定時 (引渡しを必要としない場合は工事完成予定時となります。)

 

 

法人保険お問合わせ

 

このホームページの情報は、当該商品のパンフレットの付属資料としてご覧いただくものです。ご検討にあたっては、必ず説明を受け重要事項説明書類・当該商品のパンフレッ ト・約款をあわせてご覧ください。このホームページの情報は、企業・法人様向けの情報とさせて頂いており、新規のご説明・ご契約には、十分にご説明をさせて頂きます。なお、有限会社山下保険企画は三井住友海上火災保険鰍フ保険商品もお取り扱いしていますが、ホームページ上では三井住友海上の商品説明を行っていません。
ご興味のある方は別途お問い合わせください。
ご契約の手続きやご不明な点は、各保険会社および法人保険.com運営会社までお問合せください。



法人保険の見直し/削減は法人保険.com

PL保険賠償保険火災保険労災保険店舗保険運送保険建設工事保険貨物保険取引信用保険勧誘方針プライバシーポリシー会社概要LINK